お見合いパーティー


高性能検索順位チェックツール(無料)

HTMLでPHPを実行する

PHPスクリプトを動作させるには、基本的にファイルの拡張子を「.php」とする必要があります。

しかし、既に「.html」で作成されたウェブサイトなどの場合、全てのファイルの拡張子を変更するのは大変な作業ですし、拡張子の変更はURLの変更を意味しますので、既存サイトのファイル拡張子を変更することは避けるべきです。

そこで、拡張子「.html」のままでもPHPを実行できるように設定する方法をご紹介します。


.htaccessを作成する

PHPを動作させたいフォルダに「.htaccess」ファイルが無い場合は、新規に作成します。

まず、新規テキストドキュメントを作成して開きます。
.htaccess


テキストの内容を、次のように記述します。
既に「.htaccess」ファイルがある場合は、最後の行に追加してください。

AddType application/x-httpd-php .php .html


「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックし、ファイル名を「.htaccess」、ファイルの種類を「すべてのファイル」にして保存します。(既存の.htaccessに追加した場合は「上書き保存」)
.htaccess

該当するフォルダに、作成した.htaccessファイルを置いて動作を確認してください。


サーバにより記述が異なる

上記は一般的な記述の仕方ですが、サーバによっては上手く動作しない場合もあります。
その場合は以下の記述で試してみてください。

AddHandler application/x-httpd-php .php .html

サーバによって他の記述が必要になる場合もあります。詳しくはお使いのサーバー管理会社にお問い合わせください。

ちなみに、私が愛用している【ハッスルサーバー】 では、以下の2行を記述することで上手く動作しました。

AddType application/x-httpd-php .php .html
AddHandler x-httpd-php .html


XAMPPの設定

XAMPPを使ってローカル環境で開発を行っている場合は、「httpd.conf」ファイルを直接編集すれば、html拡張子でphpを動作させることができます。

httpd.confファイルのある場所は

~\xampp\apache\conf\

になります。

httpd.confファイルをテキストエディタなどで開き、
<IfModule mime_module> ~ </IfModule>で囲まれている部分を見つけてください。
その中に、以下の記述を追加します。

AddType application/x-httpd-php .php .html


httpd.confファイルを上書き保存し、動作を確認してください。




スポンサードリンク